O様邸 レイリー波による地盤調査 | 矢野工務店

ロゴ

O様邸 レイリー波による地盤調査

2019.02.18

先日、レイリー波探査法による地盤調査を実施いたしました。

 

レイリー波探査法とは

起振機(人工地震)で地面に振動(震度1程度)を与えて検出器(センサー)で表面波(レイリー波)の伝わる伝播状況と速度を解析する方法です。

一般的なSS試験(スウェーデン式サウンディング試験)よりも調査費用は若干高くなりますが、精度が高いためガラや礫があっても深さ10mまでの地盤データが収集可能です。

 

SS試験で改良が必要という結果が出ても、表面波探査法で調査してみたら、改良不要という判定結果がでたなんて話も結構あるそうですよ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください